ぼのぼのえの報告

「面白い」とか「楽しい」を他人にやたらと勧めたがるブログ

WebCampの無料説明会に行ってきた!雰囲気・感想など

f:id:bonobonoe:20180217215831p:plain

どうも、ぼのぼのえです。

先日こちらの記事で紹介したWebCampさんの無料説明会に行ってきました。

www.bono-bonoe.net

 

私は全くのプログラミング初心者。無料説明会ですらついていけるか不安でした。

が、始めに言っておきますと、

WebCampの無料説明会、行って良かったです!

だいぶ印象変わりました(良い方向に)。

 

では、感想や説明会の流れ・雰囲気などを簡単に報告します!

 

 

WebCamp(ウェブキャンプ  )とは?

まず簡単にWebCampの説明を。

 

WebCamp(ウェブキャンプ  )は、教室での学習+オンライン学習でプログラミングを学べるスクールです。教室は東京・渋谷にあります。

 

特徴やメリットをざっくり言うと

  • 進捗に合わせた学習方法を提供してくれるオーダーメイド型
  • マンツーマンサポート(イメージはライザップ)
  • 最短1ヶ月でWebデザインスキルが身に付く
  • 11:00〜22:00まで教室通い放題
  • 上記時間はオンラインで質問し放題

*私が感じたメリットについてはこの後詳しく。

 

簡単なデータはこんな感じ

学習環境 教室+オンライン
所在地 渋谷
料金 社会人:118,000円(1ヶ月)〜258,000(3ヶ月)
学生:59,800円(1ヶ月)〜118,000円(2ヶ月)
期間 1ヶ月〜3ヶ月
時間 教室利用11:00〜22:00
質問11:00〜22:00(オンライン可)
学べること Webデザイン(HTML/CSS)
プログラミング(Ruby,Ruby on Rails)

 

詳しくは【WebCamp】公式HP をご覧ください↓

 

 

WebCamp無料説明会の流れ

  • 進行役の自己紹介
  • 卒業生の紹介
  • カリキュラム紹介
  • WebCampの特徴について
  • 受講料について
  • 個別相談(希望者のみ)

説明会は渋谷の教室で行われました。所要時間は1時間弱くらい。

会場に到着すると、アンケート用紙を渡されます。内容は名前、職業、なぜプログラミングに興味を思ったか…など簡単なもの。

 

基本的には口頭+パワポ(プロジェクター)で進行。

プリントや資料が配られることはないので、手ぶらで行って手ぶらで帰れるスマートな説明会でした。

 

雰囲気や感想

参加者全員プログラミング初心者

私を含め6名くらいが参加してました。どうやら全員プログラミング素人。

別業種で働いている人や、フリーランスを目指している人、学生さんなど様々。

HTMLという言葉を聞いたことがないって人もいたので、私も少し安心。

 

はじめに少しコミュニケーション

最初に書いたアンケートを基に「受講しようと思った動機」をそれぞれ聞かれます。

他の参加者の前で話すシチュエーションでしたが、無理矢理聞いてくるわけではないので言いたくない人ははぐらかせる雰囲気です。

 

進行役の方が好印象

説明会の進行役は、実際の講師をしている男性でした。

若そうに見えましたが、話を聞いてみると説明上手で誠実

質問へのレスポンスも的確な感じで安心感がありました。

 

受講イメージが付きやすい説明

ココで学ぶとこんなことが出来るようになるんだ!

と理解させるための工夫が随所に見られました。

例えば、実際の受講者が

  • どんな週間スケジュールで勉強していたか?
  • どんな目的を持って受講していたか?
  • 卒業後はどういう仕事・活動をしているか?

などを教えてくれるため、「自分ならこういった学習の仕方ができるかな?」と考えながら説明会に参加できました。

また、卒業生が受講中に完成させたWebサイトを見せてくれたりしたので、学習のゴールがイメージしやすかったです。

 

思ったよりも短時間で終わった 

長々とスクールの説明が続くのかな〜?と思っていたんですが、予想外にサクッと終了。

その代わり、もっと話を聞きたい人には説明会後に個別に対応してくれました。また教室の見学も気軽にOK。

無駄な話が少なく、非常にスマート。その辺も好感を持てた一つの理由です。

 

勧誘・営業がしつこくない

説明会の最後に公式LINEアカウントを紹介してくれて、今後はそちらで問い合わせ対応をしてくれるとのこと。

後日、LINEでしつこく勧誘されたり、営業されたり、といったことは全くありません。

 

私が感じたWebcampのメリット

通い放題&マンツーマンサポート

なんといっても教室の解放時間の長さが魅力的。

11時〜22時ならば、いつでも通い放題で13時から講師が常駐しているようです。

都内で仕事をしている人は特に通いやすいですよね。

マンツーマン指導なので、それぞれの状況にあったスケジュールを提案してくれます。

 

カリキュラムが分かりやすい

個人的にはコレが大きいなぁと思いました。

他スクールでは、「〇〇コース」「▲▲コース」など様々なカリキュラムが提供されていますが、どのコースでどんな内容が学べるのかがイマイチ分かりづらい。

スクールによっては、Webサイトを1つ作るだけでも、複数コースを受講しなければならなかったり…意外に費用がかかる。

 

しかしWebCampは「HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails」これら全てがワンパックで学べるコースが主体になっています。

簡単にいうと、Webサイトが自主制作できるようになります。

 

私のような素人は「この4つを学ぶと結局のところ何ができるの?」なんて思っちゃうんですが、説明会で「HTMLを学ぶとこんなサイトが作れますよ〜」「Rubyを学ぶとこういう機能が作れますよ〜」と分かりやすい実例を出して説明してくれます。

身近なサイト(YahooやAmazon)を例に出してくれるので、ヘェ〜ってなりました。

 

目的に合った学習方法を教えてくれる 

Webcampはマンツーマン且つオーダーメイド式なので

  • 自分の作品を紹介するサイトを作りたい!
  • お店の公式サイトを作りたい!
  • スマホでこんなサービスを始めたい!

 

といったように、目的がある人には特にオススメしたいスクールです。

何故なら、その目的を踏まえて、オリジナルでベストな学習スケジュールを提案してくれるので。ゴールがあると、計画を立てやすいですよね。

 

キャリアサポートがある

受講後、転職・就職希望の人には、追加料金なしで仕事の紹介や就職の相談を行なっているそうです。フリーランスを目指している人にとっては良いサポートですよね。

  

他にも、公式サイトに載っていませんが、希望があればオンラインのみの受講もできるらしい。この辺については、個別に相談に乗ってくれるようなので、気になる方は要問い合わせです!

 

無料説明会について、詳しく知りたい方は下のリンクからどうぞ。 

 

まとめ

説明会の日に受講を決めた人には特別割引があったりするようなので、受講を検討している人は絶対に説明会受けた方がいいと思います。

また、勧誘が全くしつこくないので、私のように「ちょっと話を聞いてみたい」という人にもオススメしたいなぁと思いました。

 

私は、他のスクールの無料体験も行ってみましたが、今のところ一番良いなぁと思ったがWebCampです。

すぐに受講しようと思っていないのですが、今後もし受講するタイミングがあれば、WebCampを第一候補にしたいと思いました。

 

今後プログラミングスクールに通おうと思っている方の参考になれば幸いです。