ぼのぼのえの報告

「面白い」とか「楽しい」を他人にやたらと勧めたがるブログ

納豆のシャリシャリが不味い!あれって何?食べて大丈夫?

f:id:bonobonoe:20180119151246p:plain

冷蔵庫に入れていた納豆をそのまま食べると、砂のようなシャリシャリとした舌触りを感じることがありませんか?

 

私は最近になってあのシャリシャリが気になり始めました。今までは全く気にしてなかったのに。気になり始めた途端「これって食べていいものなのか!?」と不安になったので、シャリシャリの正体について調べてみました。

 

シャリシャリの正体は「アミノ酸の結晶」

納豆は日が経つと表面にチロシンと呼ばれるアミノ酸の結晶が白い粒々となって表れてくるそうです。そのチロシンこそがシャリシャリの正体!

基本的に賞味期限内に発生することはないそうなのですが、室温に置いておいたり、冷蔵温度が10度以上だったりすると発酵が進み、チロシンが発生する場合があるんだとか。

また、ひきわり納豆は皮がないため、チロシンが発生しやすいそうです。

…思い返すと、私は納豆を買い溜めすることが多かったので、賞味期限切れギリギリの納豆をよく食べていたのかもしれません。

 

チロシンは食べても大丈夫?

チロシンはアミノ酸の結晶なので、食べても体には無害だそうです。しかし、苦味を感じることもあり、納豆本来の風味が損なわれてしまうので、できる限りチロシンが発生する前に食べたいですね。

 

まとめ

というわけで、納豆のシャリシャリの正体はアミノ酸の結晶だということが判明しました。体には無害と聞いてちょっと安心。

人によってはシャリシャリが好きな人もいるかもしれませんが、私はどうしても苦手です。賞味期限が近くなるとシャリシャリが発生すると知ったので、これからはなる早で納豆を食べるようにしようと思います。買い溜めも控える。

 

以下のサイトを参考にさせていただきました!

よくあるお問い合わせ - 株式会社ヤマダフーズ|おはよう納豆

よく寄せられる質問 | おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

コープの納豆の表面に白いものが付着していますが、これは何ですか。|コープ商品のQ&A|お問い合わせ|コープ商品サイト|日本生活協同組合連合会