ぼのぼのえの報告

「面白い」とか「楽しい」を他人にやたらと勧めたがるブログ

欅坂の紅白。私はウッチャンの不協和音で笑いたかった。

f:id:bonobonoe:20180111172943p:plain

前提として

欅坂46もウンナンも大好きです。ただ、これから書く内容は一部の欅坂ファンにとって不快に思う部分があるかもしれません。

また、ちょっと更新が遅れてしまったので、今更このことを書くのもなぁ〜という思いもありますが、自身の備忘録として残しておく。

楽しみにしていた欅坂×ウッチャン

コアなファンではありませんが、坂道では欅派。楽曲が好きです。AKB全盛期、前田敦子推しだった私は今、平手さんを超絶ライトに応援中。

一方、ウリナリ・内Pで育った世代なので、当たり前のようにウッチャンが大好き。MCで微笑むウッチャンも好きですが、全力でコント、大喜利をしているウッチャンが特に好きです。

今回の紅白で、欅坂とウッチャンがコラボすると知り、楽しみにしていた安室ちゃんや竹原ピストル、まゆゆ卒業を飛び越え、このコラボ企画が一番観たい演目に躍り出ました。なぜなら、ウッチャンの全力"不協和音"は絶対に笑えるし、楽しいと思ったから。

「不協和音」視聴後の感想

待ちに待ったコラボ企画。観た後の感想はただ1つ「平手ちゃん大丈夫かよ」

曲終わりに震える平手ちゃんとカメラスイッチ後の吉岡里帆の顔を観て、心配・不安とともにイヤな後味が残った。

そして、だいぶ後に「…あれ、全然ウッチャンのダンス観てなかった」と悲しい気持ちになった。私はウッチャンの不協和音で笑いたかったんだ。

その後、鈴本さんがステージ上で倒れていたことを知る。私はフラフラの平手ちゃんをずっと目で追ってしまっていたので気付かなかったが、最終的に3人のメンバーが過呼吸で倒れてしまっていたらしい。

"欅坂のプロ意識"について思うこと

まず、今回のパフォーマンスを受けて、「過呼吸になりながらも踊り続けた欅坂はスゴイ」「プロ意識の高さを感じた」「欅やてちは伝説の域に達した」とかいう一部のファンを心底気持ち悪いと感じた。

メンバーの過呼吸は、身体的・精神的疲れと過度な緊張によるものに違いないだろう。デビュー1年目から走り続けてきた彼女たちには、あの大舞台でハードなダンスを2回も踊るほどの体力を身に付ける余裕がなかったかもしれない。

ハードなダンスを2回も踊らせたNHKが悪い、スケジュールや体調の管理が出来ていない運営が悪い…こういった裏方への批判が上がるのも何となく分かる。

ただ、今回の原因は1つだけではないような気がするので、この議論は置いておきたい。

それでもやっぱり、プロのアイドル・アーティストとして、後味の悪いパフォーマンスをあのステージでして欲しくなかった。残念ながら、私はそこにプロ意識を感じることができなかった。彼女たちだけが悪いのではない、周りのスタッフを含め、「欅坂46」に対してプロ意識を感じることができなかった。

ウッチャンの不協和音で笑いたかった

「笑かすために踊ってるんじゃねーよ!」

純粋な欅坂ファンの人からはそんな声が聞こえてきそうですが、やっぱり私はウッチャンの不協和音ダンスを楽しみにしていたワケで、そのダンスに集中することができなかったのがものすごくショックだったのです。そのショックをどこかにぶつけたくて、世間が忘れた頃にこんなブログを書いてしまいました。

これで欅坂が嫌いになった訳ではないし(欅坂の一部のファンには苦手意識が芽生えたけども)、またウッチャンとコラボする機会があれば、それはそれは嬉しいなぁといった感じです。