ぼのぼのえの報告

「面白い」とか「楽しい」を他人にやたらと勧めたがるブログ

【女芸人No.1決定戦 THE W】日テレってシンデレラを生み出したがるよね

f:id:bonobonoe:20180111174132p:plain

今年から始まった女芸人No.1決定戦「THE W」。最近の女芸人で一番好きなゆりやんレトリィバァが優勝してめちゃくちゃ嬉しい。アジアンやニッチェ、牧野ステテコも大好きだし、それぞれ個性あるネタが見れて楽しかった!

 

問題の笑い声SE・賞レースとは思えない演出

言うまでもなく番組の演出がひどい!笑い声SEに関しては言及する気力すらないです。

制作側はこのSEが明らかにおかしいって気づかなかったのかな…賞レースとは思えない。

 

審査について

アジアンと紺野ぶるまの対決を観て痛感しましたが、1人コントと漫才を比べるのって難易度高すぎる…。出場条件は「女芸人であることのみ」と言う時点で、審査が難しくなると思いましたし、審査員オファーを受けてくれる人を見つけるのは難しいだろうなぁと思っていました。

結果的に番宣タレントを含めた芸能人審査員と一般人審査員が判定をするって形になっていましたが、初回なのでこれはもう仕方ないですよね。来年(あるか分からないけど)に期待です。

ただ、番組最後に審査員の番宣をガッツリ入れてくるのは興ざめするので絶対にやめて!

 

松本さんと高須さんの副音声

もともと「THE W」自体にあまり興味がなく、当日松本さんが副音声をやると知って、焦って観ることにしました!私みたいな人絶対多いんだろうな。そういう意味では、視聴率集めが上手い日テレ。

ただ、直前に「なんか賞レースの緊張感が足りないから、松本&高須コンビにお願いしてみる?」という感じで急遽副音声を入れた感が否めないですよね。

数日前に「ネタができる最高の環境を作り出そうとするM-1スタッフがすごい」的な記事を書きましたが、そういった点でTHE Wは酷かったように思います。

bonobonoe.hateblo.jp

 

どうしても松本さんの意見が聞きたかったので、副音声付きで観ていましたが、ネタ自体に集中できず、ネタによっては副音声のツッコミありきで笑えるものもありました(押しだしましょう子さんとか)。 「それならば副音声付けなきゃいいじゃん」と言われたらそれまでですが…副音声を付けるのは賞レースとして最善ではないように思いました。

 

お涙頂戴や苦労話が好きな日テレの悪いクセ

ネタ以外の場面でかな?画面右側のサイドテロップに「一夜で人生変わるシンデレラは誰?」とずっと表示されていました。日テレってこういう演出好きですよね(笑)出場者の紹介VTRも貧乏とか後輩が売れて云々とか、苦労人がスターダムにのし上がる系のエピソードに持っていきがち!「おもしろ荘」のブルゾンちえみ現象をもう一度起こしたい気持ちは分かりますが、あからさますぎてちょっと冷めちゃいます。 

 

「シンデレラ」を作り出すこと自体は悪いことじゃないし、エンターテイメントとして必要なのは分かります。ただ、冷めるSEと酷い演出をした上で、いかにもなスター発掘を目指しているところに気持ち悪さを感じてしまったのです。

 

来年の「THE W」

また来年もやるのかなぁ「THE W」。やらなくてもいいけどなぁ。ただ「女芸人」という括りでこういった大型特番が作られたら嬉しいですよね。順位とかは付けなくていいので、「今年の女芸人MVPは〇〇!」みたいな感じで決めるのもいいと思う。審査は柴田理恵さん、久本雅美さん、オアシズなど芸歴ある一線の女芸人にやってもらうなどして。そういうやり方でも、日テレが目指すような「シンデレラ」は作れると思います。