ぼのぼのえの報告

「面白い」とか「楽しい」を他人にやたらと勧めたがるブログ

2017年Amazonプライム・ビデオで観て記憶に残った映画・ドラマまとめ

f:id:bonobonoe:20180111191709p:plain

2017年の後半からAmazonプライム会員になりまして。せっかくなので、とプライムビデオで映画を観る機会が増えました!

特別お題が「2017年イチ押し映画」ということなので、今年プライムビデオで観た映画やドラマをまとめたいと思います(Netflix関係ないですごめんなさい)

 

Amazonプライム・ビデオがめちゃくちゃ良い

もともとは松本人志プレゼンツのドキュメンタルを観るために30日間限定の無料登録をしたんですが、「あーこれ観たかったやつ!」という映画やドラマが続々と配信されるので、そのまま有料会員になってしまいました。月額325円なのでまぁいいか、と。結局のところ、映画・TV番組・ドラマ・アニメ合わせて130本近く観ました。その代わり、TSUTAYAに足を運ぶことがめっきりなくなりました。

これから紹介する作品は、一部プライム会員特典外になっているものもありますので、現在の配信動画一覧はこちらから確認してください↓↓

Amazonプライム・ビデオのラインナップを見る

 

2017年プライム・ビデオで観て記憶に残った映画・ドラマ

今年観た作品を振り返ってみて、なんとなく記憶に残ったものをつらつらと並べていきたいと思います。一つ一つ紹介をしていくというよりは、プライムビデオでこういった作品が観れますよ〜ということをお伝えできればと!

視聴履歴を見返して観ると、邦画が多い。邦画ってわざわざ映画館行くほどじゃないよな〜と思って、見逃してることが多いんですよね。なので、プライムビデオで観れて良かったなぁと思う作品が多かったです。

洋画部門

1.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

9.11で父を亡くしたアスペルガー症候群の男の子が、父が遺した鍵の謎を探るべく、ニューヨーク中を調査する物語。父親役のトムハンクスもさることながら、主人公の子役の演技力に泣かされました。9.11についてがっつり取り上げている作品ではないにも関わらず、あの事件が残した悲しみを心にグサリと刻むような作品。洋画部門で最も心に残ったイチ押し映画です。

 

2.エスター

ある夫婦が養子として迎え入れた孤児院の少女エスターが、夫婦とその家族に恐怖をもたらすサスペンス・ホラー。映画館で観ようと思って、見そびれていた作品。こちらも主人公エスターを演じる子役の怪演がハンパなかった!物語自体の起伏はそこまでないのですが、エスターが招く不幸が次から次へとやってくるため、終始脅えながら飽きずに観れました。

 

3.ウェイヴ

アメリカの高校での実話を基にしたドイツ映画。マインドコントロールによって、たった5日間の授業で独裁制が生み出される様子を描いています。心理実験系の映画大好きなんですよね〜。

 

4.エクスペリメント

こちらも実話が基になった心理実験系の作品。米スタンフォード大で行われた「スタンフォード監獄実験」を元に制作されたドイツ映画「es[エス]のリメイク版。被験者が閉ざされた監獄で囚人役と看守役に分かれたら、どうなるのか?という実験が行われます。「es[エス]」と同じテーマなんですが、暴力に至るまでや精神が追い詰められていく様の描き方がちょっと異なるので、見比べてみると面白いです。

 

5.ビッグ

若かりしトムハンクス主演のコメディ映画。12歳の少年が朝起きると大人になっちゃった!そんな単純なストーリーなんですが、見た目は大人・心は少年の主人公が喜んだり、悲しんだり姿に心が温かい気持ちになります。トムハンクス大好き!

 

6.硫黄島からの手紙

ハリウッド映画ということで洋画部門に入れました。当時ものすごく話題になった作品だったのに観ていなかったので、ここで観れて良かった!8〜9月頃に観た作品で、ちょうど戦争やテロを振り返るニュースがTVで流れている頃だったので、余計グッとくるものがありました。

 

7.父親たちの星条旗

「硫黄島からの手紙」と絶対に合わせて観たい作品がこちら。「硫黄島〜」が日本軍の視点で、こちらがアメリカ軍から見た硫黄島の戦いを描いています。どちらもクリント・イーストウッド監督が手がけています。

 

8.最終絶叫計画

名作ホラーのパロディやブラックジョーク、下ネタをこれでもか!と詰め込んだアメリカのコメディ映画。心に刻まれるものは一切ありません。最初から最後までただただくだらない。好きな人は大好き、嫌いな人は大嫌いだと思いますが、私は大好き。笑

邦画部門

1.凶悪

「上申書殺人事件」という実話を元にしたサスペンス映画。見所は何と言っても、リリー・フランキーとピエール瀧の怪演!唯一のヒロインである池脇千鶴も良いです。主演の山田孝之が演技派俳優ってことは十分承知していたはずですが、「あれ?この映画の中で山田孝之だけちょっと浮いてない?」ってくらい演技力の差を感じました。実話を基にしたストーリーもリアリティがあり、バイオレンスで面白いです。一見の価値あり。

 

2.清洲会議

本能寺の変で織田信長が討たれた後の織田家の会議(清洲会議)を元にした三谷幸喜監督の歴史コメディ。個人的に三谷カラーが強すぎる作品はあまり好まないんですが、そこまで濃ゆくなく、役所広司と大泉洋のコミカル演技が楽しかったです。逆に三谷映画が好きな人には物足りない感じなのかな〜。

 

3.永い言い訳

2017年日本アカデミー賞で竹原ピストルが優秀助演男優賞を受賞したと聞いて、絶対観たい!と思っていた作品。まさかこんなに早くプライムビデオで配信されるとは思っていなかったので嬉しいです。バス事故で妻を亡くした2人の男を本木雅弘と竹原ピストルが演じています。どちらも役にビタッとハマっています。アカデミー賞で絶賛された「湯を沸かすほどの熱い愛」よりこっちの方が好き。

 

4.白ゆき姫殺人事件

イヤミスの代名詞・湊かなえ原作のミステリーサスペンス。放映当時、めちゃくちゃ番宣してましたよね!気になってはいたんですが、番宣がしつこすぎて映画館に行くの癪だな〜と見逃した作品の1つです。笑

SNSが普及した現在だから起こり得る事件が主軸となり、嘘と勘違いによって真実が隠されて行きます。ストーリーが映像化しやすく、映画向き。難しく考えることなくサクサク観ることができました!井上真央は冴えない女っぷりを表現するのが上手ですね。

 

5.八日目の蝉

「白ゆき姫殺人事件」で井上真央の演技が素敵だなぁと思い、続けてこちらの作品を観ました。角田光代の長編サスペンス小説が原作。永作博美演じる女性が不倫相手の子どもを誘拐するところから物語が始まり、その子どもが成長した姿を演じるのが井上真央。不倫、誘拐、シングルマザー、洗脳、マスコミといった社会的なトピックが盛り込まれていますが、軸となるテーマは「母性」。後味がスッキリ!という感じではありませんが、女性や母について色々考えさせられる作品です。

 

6.紙の月

こちらも角田光代原作。映画館で観たかったけど、見逃しちゃったシリーズの1つです!銀行勤めの女性が、若い男のために多額の横領を犯してしまうストーリー。こんな美人な銀行員(しかも契約OL)いるわけないだろー!と思って見始めましたが、宮沢りえが醸し出す絶妙な不幸オーラがどんどんとハマってきて、犯罪に堕ちて行くクズな姿バッチリ演じていました。あまりのクズ加減にイライラして、途中リタイアする人も多そう。大島優子が演じていた薄っぺらい若いOLもハマり役。

 

7.ミュージアム

映画館で見逃しちゃったシリーズの1つ。残虐な連続殺人鬼とそれを追う刑事の物語。原作の漫画は観たことありませんが、映画だけでも楽しめました。ちょいちょい飛ばしながら観たんですが、それで十分満足な感じだったので、映画館で観たら少し退屈だったかもしれません。プライムビデオで見れてよかった。

 

8.麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 

映画「麒麟の翼 ?劇場版・新参者?」【TBSオンデマンド】

東野圭吾の小説を元にしたTBSの人気ドラマ「麒麟の翼」の劇場版。原作もドラマも未見ですが、阿部寛と中井貴一が好きなので観ました。劇場版と言えども、構成や撮影方法がドラマっぽい。こちらも映画館で観るほどではないですが、ストーリー自体が面白く、無駄がないのでオススメ。見所としては、若かりし菅田将暉と山崎賢人がまぁまぁ重要な役所で出演してるってとこですね!

 

9.人狼ゲーム(ラヴァーズ&プリズンブレイク)

若手女優の登竜門的作品になっている人狼ゲームシリーズ。以前dtvで第一弾(主演:桜庭ななみ)、第二弾(主演:土屋太鳳)を観たことがあり、原作の漫画も既読。プライムビデオでは、第四弾のプリズンブレイク、第五弾のラヴァーズが配信されていました!知名度低めの若手俳優を集めたサバイバルものって大根演技が気になったりするんですが、このシリーズは基本的に全員演技が上手。推理要素が強いプリズンブレイクが特に好きでした。

 

アニメーション部門

1.ミニオンズ

大人気シリーズですが、恥ずかしながら今まで観たことなかったんですよね…。ミニオンズの他、本編の怪盗グルーシリーズ(月泥棒など)もプライムビデオで観れました!とにかく可愛くて、人気の理由がわかりました!あまりの可愛さに配信中、4回くらい観ました。

 

2.ペット

ミニオンズと同じ製作会社イルミネーション・エンターテイメントが手がけた作品。ペットたちの世界を描いたストーリーで、世界観としてはトイストーリーに似てます。沢城みゆきや宮野真守、銀河万丈などの有名声優陣の中で、バナナマンの2人が主演を務めていて、始めはちょっとだけ違和感あるかもしれません。

 

3.SING

こちらもイルミネーション製作。最近配信されたばかりで、ずっと観たかった作品なので早速視聴!こちらの吹き替え声優陣は、内村光良、MISIA、長澤まさみ、スキマスイッチ大橋、トレンディエンジェル斎藤…と主要キャラはほとんどタレント。歌唱シーンが多い映画なので、MISIAやスキマ大橋さんなどが抜擢されたようですが、通常の演技も上手でした。ストーリーも紆余曲折あるんですが、「最後は絶対ハッピーエンドだろうな〜」という安心感を持ちながら観れたので最後まで楽しい気分で観れました。

 

ドラマ部門

1.贖罪

WOWOWで放送された全5話のドラマ。湊かなえ原作のイヤミスです。WOWOWを契約していなかったので、当時観たかったけど観れなかった作品。控えめに言って、最高でした。幼い頃に起きた美少女惨殺事件に縛られる4人の女たちと、娘を殺された1人の母の独白形式でストーリーが進んでいきます。小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴という女優陣の見応えある演技は、邦画ファンなら絶対に見るべき!

 

2.リミット

ブレイク寸前の土屋太鳳が出演していたテレビ東京のドラマ。漫画原作で主演は桜庭ななみ。バス転落事故で生き残った高校生たちが助かるために奮闘したり、大モメしたり、励ましあったりする物語。グロ描写はほとんどありませんが、バトルロワイアルや人狼ゲームといった学生のサバイバルものが好きな人にオススメしたい。

 

3.バイプレイヤーズ

演劇界のバイブレイヤーたちが本人役で出演した人気ドラマ。当時の放送で見逃した回があったので、プライムビデオで補完できて良かった〜。

 

TVアニメ部門

1.魔法少女まどか☆マギカ

アニメはほとんど観ないタイプなんですが、「まどマギ」は一時期めちゃくちゃ話題になったので、今更ですが一気見!なんとなく内容は知っていて、3話あたりで衝撃展開ってのも知っていたんですが、それでも「…はっ!?」となりました(笑)萌え系の絵に耐性がない私が、まさかこんなに楽しめるとは…さすがまどマギ。

 

2.ガールズ&パンツァー 

まどマギ同様にネット界隈で話題になっていたガルパンも一気見できます!戦車道に励む女の子たちの物語。登場人物全員が可愛くて、イヤな女の子が1人も出てこないんですよね。ツッコミどころ満載なんですが、ずっと幸せな気持ちで見続けられるアニメ。個人的にめっちゃ好きです!劇場版やスピンオフも配信されているので、ぜひ観て欲しい!

 

色んな意味でガッカリ部門

1.インストール

芥川賞作家・綿矢りさが17歳の時に著したデビュー作が原作。上戸彩と子役時代の神木隆之介が共演しています。2004年の作品で、CSか何かで前に観た記憶があります。原作も読んでいて、当時は面白い!って思ったんですが、改めて見直して見るとなんだか安っぽい…。途中で切ろうと思ったくらい退屈。私が老けただけかな〜。

 

2.ソラニン

個人的に今年一番アウトだった作品。

学生時代、友人たちの間で好評で、気になってはいたんですが、そもそも浅野いにお漫画が苦手だったのでなんとなく避けていました。プライムビデオで配信されたし、宮崎あおいも高良健吾もアジカンも好きなので、そこそこ期待しながら観ました。が、やっぱりダメ。原作の世界観が肌に合わないんだろうなぁと思いました。あまりに意図的に青臭さや若さを描こうとしている感じがもうダメ。当時、映画館で観なくて本当に良かった。

 

3.リアル鬼ごっこ 2015劇場版

人気小説「リアル鬼ごっこ」を園子温が映画化。原作既読で、本家の映画「リアル鬼ごっこ」も視聴済み。で、前知識なしでこの作品を観ましたが、本当にビックリ!原作完全無視!パッケージの「全国のJKのみなさん、あなたたちの数を減らすことにします。」という文言も意味なし!期待の裏切り方が突き抜けていて、逆に笑えました。園監督の有名作品はほぼほぼ観ている(基本的に好き)んですが、カオス度は上位。メッセージ性は皆無です。映画館で観ていたら「金と時間返せ!」ってなっていたかもしれません。笑

 

4.先生を流産させる会

実際の事件に大きく脚色を加えた作品。「ライチ☆光クラブ」の内藤瑛亮監督が過去に手がけた衝撃作品ということでずっと気になっていましたが、ようやく観れました。タイトルの通り、女子中学生が妊娠した担任の先生を"流産させる会"を結成し、先生に嫌がらせを行なっていく物語です。ショッキングな内容から、一部劇場での公開だったにも関わらず当時話題になりました。また、私の学校でも同じような担任イジメがあったので重なる部分がありました。

感想としては「確かに衝撃的な内容だけど、最後に残るものは何もなかったな」といった感じ。期待していただけに拍子抜け。登場人物の言動にリアリティが無い部分もあったので少し気になりました。棒演技のせいなのか。「胸糞が悪いだけの映画」というコメントも見かけますが、リアリティがなかった分、そこまでの感想すら持てませんでした。

 

 

まとめ

 以上「2017年プライム・ビデオで観て記憶に残った映画・ドラマまとめ」でした。他にもバイオハザードやSAWといった有名シリーズもの、ジュラシックパーク、タイタニックなど一度観たことがある名作もプライムビデオで見返すことができました!観たい作品が他にもあるので、来年もプライム会員のままでいようかなぁと思っています。

 

30日間の無料体験の間だけでも多くの作品が観られると思うので、年末年始家でゆっくり映画を観たい方にはプライムビデオおすすめです↓↓

Amazonプライムを無料体験してみる